Text Size :  A A A
|  TOP  |  about  |  紅茶の時間  |  gallery  |  ご注文  |  お取扱い店  |  diary  |  mail  |
Img_6ee237486e4c6b0536372e56c50f41a6
3月21日、池袋の要町あさやけ子ども食堂さんで、
「ふだん着のけんぽうのおはなし」というタイトルでお話の出前をします!
「しるしる憲法」さん主催の1DAYイベント、午後の部。

-----

いっしょに読もう!日本国憲法(第2部)
ふだん着のけんぽうのおはなし〜あなたはほかの誰ともとりかえがきかない
3月21日(月)
14:00-17:00
@要町あさやけ子ども食堂さん (Click!) 

しるしる憲法さんによるイベントのご案内はこちら (Click!) 
要お申込・こくちーずからお願いいたします (Click!) 
★もしもお申込方法がわからなければ、私まで直接ご連絡くださいね。

-----


私は憲法の専門家でもないし、なんの資格をもっているわけでもなくって、
憲法とのつながりと言えば、
ただ母と一緒に『わたしとあなたの・けんぽうBOOK』 (Click!) をつくったぐらい。
そんな普通な私が、なんでお話の出前に!?という、そもそものきっかけ、
「私がけんぽうと出逢った瞬間」のことを、今回はお話ししたいなと思います。


私は「私」を主語にしてしか語れないけど、個人的なことって、
実は普遍的なことにつながってる。
なんでもない人のプライベートな憲法との出逢いの話が、
へ〜憲法ってこういうものなんだ、って知る、ささやかな入口になれたらいいな。


だから、これはお勉強会でも講座でもなく、「ふだん着のけんぽうのおはなし」。
最近“けんぽう”ってよく聞くけど、私とは関係ないし…難しそうだし…という方、
そもそも、皆なんでそんな憲法、けんぽう、言ってるの!?という方に
聞いていただけたらとっても嬉しいです。


なんとゲストスピーカーに、雨宮処凛さん!
これ、まったくの偶然なんですけど、
実は私がけんぽうと出逢うまでのストーリーには、処凛さんはなくてはならない存在なんです。
そのことを人前でお話しするのは、今回が初めて。
こんな機会でもなければ、きっと一生人前では話すことなかっただろうな。


21日の日は、私にとってまるで天からふってきたご褒美のような1日になりそう!
もしもお時間が許せば、ぜひぜひ、ふだん着のけんぽうのおはなし、
聞きにいらしてくださいませ。


ちなみに、午前の部は、北海道で小学校の先生をしている村越さんをお呼びして、
ユニークな憲法のワークショップ。
めっちゃおもしろそうです〜。


前日の20日は、マガジン9さん主催で、
村越先生のワークショップ・拡大版@高田馬場。
この日は、ドイツから市民活動を研究しているパウルクニープさんも
ゲストスピーカーにやってきて超豪華ですよ!


カフェで、学校で、やってみよう!
「12歳からの憲法ワークショップ」実践編
 (Click!) 


ところで、しるしる憲法さんて、お名前がすてきだよね。
憲法変える?変えない?の前に、実は知らないよってこの方がずっと多いと思うから、
しるしる、がいいな、って。



画像は、絵本作家の降矢ななさんが、
しるしる憲法さんへのご賛同のきもちをこめてお描きになったオオカミくん。
めちゃめちゃかわいい!
ピンク、ミント、ホワイト3種のポストカードやシール、缶バッヂ限定販売中。
当日もご購入いただけますよ。
Img_c16f928f54212e9c598089e3106de5bc
みなさま、ご無沙汰しております。
mai worksのmaiです。
おかげさまでmai worksは無事に東京での暮らしをはじめています。
(とは言っても、新生活におわれ、お仕事はだいぶのんびりペース)

12年暮らした西宮にはたくさんの思い出がつまっていて、
一人暮らしのマンションを離れる時も、
阪神電車が出発する時も、涙涙の嵐でした。

東京に越した当初は、こころとからだの温度調整にシクハックしていましたが、
最近ようやく自分の暮らしのペースがつかめてきた気がします。
ほっ!

いやでもね、慣れ親しんだ場所から一歩踏み出そうと決意できたことが、もう、
この数年間、嘆きつつも自分と向き合い、今私にできることを、と
まいまいつむりのペースで、ちいさな一歩を積み重ねてきた証なのだよね、きっと。

そのスタンスはこれから先も変わることなく、
私が私として生きていくための支えとして、あり続けるのだと思います。
だからね、心配しなくていいよ、わたし!
(と自分で自分に言ってあげてます)

というわけで、とっても遅くなりましたが、
mai works in 東京編スタートのご報告でした。
東京でも、細々とできることを続けてゆく所存でありますので、
どうぞ皆さま、これからも mai worksをよろしくお願いいたします!


写真は我が家に住んでる凛々しいかまきりさん。
ほそーいからだにいのちがつまってる。
シャキーン!
Img_f4671dc8e162e3337c9ca491688fe61c7d281246

12月18日、新刊『紅茶なきもち』をならべて、
銀座の月光荘画材店さん (Click!) 
「紅茶の時間」が出前にやってきます。


月光荘さんとは、水野が高校生の時からのお付き合い。
『ほめ言葉のシャワー』を置いていただいたり、
2011年には「つながる3人展」を開催させてもらったり、
いつも夢のような場所と時間を提供していただいていますが、
今回は、新刊発売記念の出前紅茶&お話会。


というのも、新刊には紅茶の原点として月光荘さんが登場してるのです。
どんな原点?かは、当日のお話&新刊をお楽しみに。


会場は月光荘画材店さんから歩いて2分、
銀座で唯一の銭湯、金春湯(コンパル湯)のある金春ビル4階の、
月光荘こんぱる中室にて。


週に一度の紅茶の時間のように、
12時から19時まで、誰でもどうぞ、なオープンハウスですが、
今回は特別版、2回のお話会の時間だけ、
参加費500円とご予約をお願いします。


お部屋は6坪の広さなので、定員は20名とちょっと。
お手間ですが、
ご希望の方はお申し込みと、参加される時間帯を水野までお知らせくださいね。
tel → 076-288-6092
mail → sue-miz@nifty.com

新刊デザイン担当として、
mai worksもちょこっとお話させていただく予定です。
これまでの作品たちも、ちいさなギャラリーに。
当日お逢いできるのを楽しみにしています。

------------------------------------------------------

いちごいちえ紅茶 in 銀座月光荘

2012年12月18日 12:00-19:00 OPEN(参加費:ありません)

銀座月光荘画材店さん こんぱる中室にて
地図はこちら → (Click!) 

お話会(参加費:500円)

第1部 13:30-14:30
第2部 16:00-17:00

月光荘画材店さんへのお問い合わせは
tel → 03-3572-5605
HP → (Click!) 
------------------------------------------------------
Img_53760c913622fb2cae12d7f3fd77a0ea49d6e75c
8/4-8/6の期間中、mai worksは少し早めの夏休みをいただきます。

期間中にいただくご注文につきまして、
受注確定のご連絡は平常通りお送りさせていただきますが、
8/3 17:00以降にいただいたご注文の発送につきましては、
休暇明けの8/7から順次対応とさせていただきます。

お急ぎのお客様には大変ご迷惑をおかけいたしますが、
ご了承いただけますよう、何卒よろしくお願いいたします。

今年も暑い日が続きますが、
どうか、こころもからだも風通しよくお過ごしくださいますように!

mai works
週いちのオープンハウス「紅茶の時間」の家主・水野スウ、
「紅茶」仲間でキルト作家のかざぐるま舎・安宅路子さん、
水野の娘でちいさな冊子や紙雑貨を手がける
mai works の中西万依が、
銀座月光荘画材店さんのギャラリーでつながります。


8月12.13.14日 11:00-19:00(最終日14日のみ16:00まで)
 @銀座月光荘・画室2 (中央区銀座8-7-18 1F)
 お問い合わせのお電話は
 月光荘画材店さん (Click!) まで 03-3572-5605

             
水野sueより ■ □ ■ ごあいさつです


チェルノブイリ事故のあった25年前、
子育て中のお母さんたちが集まる紅茶の時間では、
原発のことがたくさん語られました。
その中から生まれたのが、
100人の想いをつないだ「かざぐるまフレンドシップキルト」と
『まわれ、かざぐるま』の本、
そして路子さんのキルト「ちきゅう」です。


以来、私が原発のおはなしの出前に行く時は、
いつも「ちきゅう」が一緒でした。
今年の3月に東電の原発事故が起こった時、
病とともに生きながらも、路子さんは深く心を痛めていました。
そして、このキルトはもう自分だけのものじゃないから
ずっと持っててね、と「ちきゅう」を私に託したあとの6月、
路子さんは天のひとになったのでした。

Img_51c23e64f510d7c99c0468858436163625f1a307
その「ちきゅう」や「かざぐるまフレンドシップキルト」と併せて、
路子さんが遺した賢治の世界の作品たち、
「よだかの星」「やまなし」「いちょうの実」のキルトなどを、
ぜひ多くの方がたにもごらんいただきたく、
とっても急なことですが、8月12.13.14日の3日間、
「つながる3人展」をひらくことになりました。


キルト展の横では、プチ本屋さん in ギャラリーも登場します。
mai worksが装丁を担当した『ほめ言葉のシャワー』や、
この8月に生まれたばかりのCD付ブックレット『贈りものの言葉』
初めての方の入門書がわりにと原発を語った
『いのちの未来と原発と~3.11後のわたしたち』など。


そのほか、母娘共著の『きもちは、言葉をさがしている』を含む、
紅茶3部作や、mai works の小作品も並びます。
                   


それぞれのテーマで、一時間ほどのミニおはなし会も。

 ○8月12日(金)
  14:00〜 原発のおはなし
18:00〜 ほめ言葉のシャワーのおはなし

 ○8月13日(土)
  14:00〜 「よだかの星」の朗読会とキルトのおはなし
17:00〜 原発のおはなし

 ○8月14日(日)
  14:00〜 ほめ言葉のシャワーのおはなし
                     


大好きな月光荘さんで、こんな夢のような企画が実現するのも、
実は40年以上も前、
まだ少女だった頃の私が月光荘のおぢちゃんと出逢い、
いっぱいかわいがってもらった、そのご縁のおかげです。
なので、私のきもちの中では、3人よりも4人、
今と昔がつながるコラボ展みたい!な気も、どこかしています。


3日間とも私は会場にいて、時には娘もいて、
作品に逢いに来てくださる方を心よりお迎えします。
どうぞごゆっくり、紅茶の時間 in 月光荘を、
お楽しみくださいませ。


sue
Img_d3a49f5311a607927713be47b81e838981d4c53f